news

ヴィッセル神戸の元Jリーガーの吉田真史さんです。

元Jリーガー(ヴィッセル神戸)の吉田真史さんが神戸から股関節の痛みで来院されました。

吉田さんは現在、西宮のFCリアルアーネストサッカースクールの代表で、スーパーバイザー・テクニカルアドバイザーをされていて、未来のサッカー選手を目指している子供さんたちを育てておられます。

指導だけでなく今でもアマチュアの試合にも出場されていて今回はその時に股関節~内ももを痛めてしまったそうです。

サッカー選手はインサイドキックやシュートでも内転筋周りの筋肉を使うので傷めることがあります。また、腰を回しながら逆サイドネットへ打ち込むようなシュートの場合は内転筋だけでなく骨盤周りの筋肉も使っているので、治療する場合は骨盤の調整も行うことが重要です。

吉田さんも内ももが肉離れ(筋肉が切れる)を起こしており、股関節もかなり痛いとのことで、ラジオ波温熱機器で肉離れしたところにラジオ波を入れながらの手技を行い、その後は推拿でねじれている骨盤の調整と、痛みの強い内ももには鍼治療を行いました。

ラジオ波温熱機器での治療では、筋肉や腱のかたくなったところや肉離れにより瘢痕化した組織に重点的に熱を入れることにより細胞活動が活発化さて損傷を治す力を増幅するといわれています。

吉田さんのケガも今回の治療でかなり痛みが軽減され股関節の動きも良くなりました。一度の治療でここまでの効果があったことにびっくりされて大変喜んでいただけました。

吉田さん これからもより一層のご活躍を期待しております。

 

 

 

高周波温熱機器 コンビネーション刺激装置 酸素カプセル(高気圧空気チャンバー) 吸い玉療法 ブログ

大阪府東大阪市小若江2-3-8
近鉄「長瀬駅」より徒歩10分

お問い合わせ電話番号