news

シーバー病と成長痛

当院の息子小学4年生です。

春からの急激な身長の伸びとかかとの使い過ぎによりシーバー病になってしまいました。

お子さんが、かかとが痛い!と言い出したら、シーバー病の可能性があるかもしれません。

シーバー病は野球やサッカーをしている10歳から15歳の成長期のお子さんに多い、かかとに痛みや腫れが出る疾患です。膝のオスグッド病と同じくスポーツ障害のひとつです。

単なる成長痛と見過ごさずに適切な治療が必要です。息子もかなり痛いようです(>_<)

シーバー病の特徴は、かかとの痛み・腫れ・押すといたい・かかとを着けると痛いのでつま先歩きになる などです。

成長期の子供はもともと骨の強度が弱い時期で、その時期にスポーツ等でかかとへの負担が多くなりすぎると発症しやすくなります。

シーバー病も成長痛と呼ばれがちですが、成長痛は足の全般に痛みが出て、シーバー病はかかとが痛みます。正確には異なる疾患です。しっかり治療して痛みを早く取ることが大事です。

温熱療法が有効だと言われていますのでラジオ波で足全体を温めて、軟骨の部分にも熱を入れました。一度の治療で痛みはかなり軽減されたようです。

これからも野球を続けながらラジオ波でかかとのケアをしていこうと思っています。

成長痛、シーバー病、オスグッド病等、痛みのあるお子さんには我慢させずに一度ご相談ください。

 

高周波温熱機器 コンビネーション刺激装置 酸素カプセル(高気圧空気チャンバー) 吸い玉療法 ブログ

大阪府東大阪市小若江2-3-8
近鉄「長瀬駅」より徒歩10分

お問い合わせ電話番号